2007年03月26日

私はしがない独り者のサラリーマン

(本稿はHPにて2006年6月22日に公開していたものをブログ記事化したものです)
 体験談広告の一手段で、皆様も昔からずっと目になさっておられることでしょう。
 少年雑誌の裏表紙週刊誌で行われていた方法は電子広告の時代でも生き続けて、怪しい商品や商法のサイトをご覧になった方も多いことと思います。
 スパムにも体験した本人が語る、または体験談を紹介する文体の物が沢山飛来しますので、1ジャンルとして立ててみました。
 大概、誘導先は出会い系サイトですが、ワンクリック詐欺サイト、パチンコ打ち子募集など業種は限定されません。
 一例として半年くらい継続的に飛来していた文を挙げてみます。

送信者: "桑原 悠希" (cometary030@yahoo.co.jp)
件名 : ご無沙汰しております
日時 : 2006年6月23日 12:38

私はしがない独り者のサラリーマン。

寝ては起き、ぎゅうぎゅうの通勤電車に揺られ会社に出勤する毎日。

たまの休日は昼まで寝て起きカップラーメンをすする。

ふと”オレハイッタイナニヲヤッテイルンダロウ?”と自問自答するにまでいたり、

自分で危ないなこれはと思っていました。

日曜日に一人部屋でボーッとしていた私は携帯電話を取り出し「出会い」を求めました。
もともと口下手で、たまに誘われるコンパも最後にはいつも一人ぼっち・・・。

しかしどうせ顔もわからないんだしと開き直り、積極的に掲示板に書き込んだり、メールを送ったりしました。

すると初めて私に返事が着たんです。しかも2通も!!

Aさんは何してるの?と言う内容でした。

私は、はじめにまずメールで丁寧に挨拶をしました。

しかしメールをくれた彼女には敬遠されました。私は心から悔やみました。

2通目のBさんも何しているのという内容でした。

他府県の方でしたが、掲示板から私のプロフィールを見てメールを貰いました。

私はどう返事を返そうか考えに考えました。思いつたのは・・・

「地元で買い物してます。」でした。

彼女からの返事はすぐに着ました。

「一人で買い物ですか?」と・・・

私はまた考えました。友達とか、ひとりでか?しかし初めてですし正直に

「一人でです。」と返しました。すると、

「私も一人で買い物なんです。友達が急に来れなくなって☆☆あたりをブラッチしてます。

○さんはどこらへんですか?よかったら私と会いませんか?」と・・・

僕は喜びいそしんで着替え部屋を出☆☆を目指しました。

☆☆まで歩いて10分地点に着き、

「すぐ近くですし、いいですよ。」と返すとすぐに
   
「じゃあ、♪♪で待ってます。」と返事があり、

僕の胸の鼓動は一歩ごとに大きくなり現場に到着。

”即会い” ってやつですw

出会って彼女の一言目が、

「じゃあ、どこ行こっか?」と言われ何も考えてない自分に気づき、

「○○ちゃんの行きたいトコでいいよ。」

彼女は笑顔で、

「うん。」と答え「じゃあ・・・・・・・・・」

僕たちは話をしながら歩いた。

その後の話しは、貴方もご自分で体験なさってください。

私が利用したサイトは、ttp://buzzword.cooloiosegk.com/a2/

料金は一切掛かりませんでした。
私がスパム収集を始めて1ヶ月ほど7月24日まで11通飛来していましたが、ずっと以前(2006年初め)から来ていたと思います。

収集を始めるまではメーラーのプレビュー画面に現れる1行目を見て即座に削除していました。(書き出しが侘しくて…)改めて読んでみても、やっぱり…でしたね。
スパマーや出会えない系業者の思い描くカモ像を現しているのでしょうか?

(2007年3月26日ブログ化にあたって追記)
今読むと怪しいなりにも考えて書いた素朴さはあります。引っかかる人は人生経験が足らん、と片付けてしまえる気もします(騙す方も悪いに決まってますけど)。
後の種々の悪徳商法スパムを思うとまだまだ読める文でした。

ガイドツアー順路
Aコース(3/7)「主宰・山下香穂 」へ

Bコース(3/15)「ワールドカップ」へ

Dコース(5/34)「加藤メール 」へ
posted by 末期ぃ at 17:25 | 体験談 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]※公開はしません

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック