2011年08月05日

【ニュース】クレジットカード現金化業者初逮捕

 2ヶ月以上お休みしてしまいました。なんやかんや忙しさに理由をつけてますが、いろいろ腹立たしいことが多くて落ち着ついてスパマーを叩けません。震災以来いまだにダメですねえ…

 さて今日お昼頃からあちこちで報じられている、このニュースを取り上げて久々のエントリにします。
※いつもの参考リンク
『クレジットカードのショッピング枠を現金化』にご注意ください!(大岡行政書士事務所)
クレジットカードのショッピング枠の現金化にご注意ください(社団法人日本クレジット協会)
MSN産経ニュース2011.8.5 12:41付け記事引用
全国初、クレジットカード現金化業者逮捕 出資法違反容疑で警視庁

 クレジットカードで商品を買わせ、購入代金の一部を返金する「カード現金化」とされる方法で高金利融資をしたとして、警視庁生活経済課は5日、出資法違反(高金利)の疑いで、東京都台東区上野の現金化業者「キャッシュバックス」の経営者、橋本幸治容疑者(41)=板橋区仲宿=を逮捕した。カード現金化業者をヤミ金業者と認定し、摘発するのは全国で初めて。

 同課によると、橋本容疑者は「逮捕されるとは思わなかった」と否認しているという。

 同課によると、橋本容疑者は、客におもちゃのネックレスなど実際には30〜120円の商品を高額な値段でカード決済させてカード会社から入る現金の一部から手数料などを引いた上でキャッシュバックする方法で融資していた。

 同課は、カードの引き落とし日までに返済する支払額と返金額との差額を金利に当たると判断。橋本容疑者が物品販売を装って、実際には貸金をしていたとみている。金利は法定利率(20%)の10〜22倍にも上り、平成18年以降約4年間で全国750人に計約5億円を貸し付け、約8千万円の利益を上げたという。

 逮捕容疑は、昨年3月〜今年1月ごろ、千葉県浦安市の男性(49)ら男女計4人に、カード決済システムを悪用して、現金計約345万円を貸し出し、計約70万円の違法利息を受け取ったとしている。

 同課によると、橋本容疑者は、インターネットのホームページで「ショッピング枠を現金化」「即日入金」などと広告して集客。客の中には最高で45回にわたって借り入れをした客もいたという。

 橋本容疑者は7月13日、出資法違反などの容疑で逮捕され、今月3日に同法違反などの罪で起訴されていた。

 国民生活センターによると、カードのショッピング枠を使って現金を手に入れ、トラブルになるケースが急増している。平成21年度の相談件数は計237件だったが、昨年度は約2・6倍に当たる計617件に上った。

 改正貸金業法が18年に制定されたのを受け、借入金が収入の3分の1に限定されたことなどから、正規の貸金業者から借りられなくなった人がクレジットカード現金化業者からの借り入れをしているとの指摘もあり、同課が警戒を強めていた。

 スパムメールを扱う当ブログでも、現金化業者を宣伝するスパムを扱う関係で何度かこの業態を紹介して来ました。

 クレジットカードのキャッシング枠を使い切りなお現金が欲しい人に、ショッピング枠を現金化するという業者が目立ってきたのは10年ほど前でしょう。

 最初は利用者に実際に価値のあるブランド品を商店で購入させて、現金化業者がそれをある還元率で買い取るということのようでしたが、後に記事のようなものが定着して来ました。

 すこし詳しく言うと、利用者が現金化業者に申し込むと、まずカードで「商品」を決済します。業者は決済を確認すると「商品」を利用者に送付すると共に利用者の口座にある還元率を減じた金額を入金します。商品は殆ど無価値です。後日カード会社が利用者から支払いを受けて一連の取引が終了します。

 利用者にとっては、審査もなく即日くらいに現金を入手でき、業者は現金を貸すのと違ってやはり手早くしかも取りっぱぐれがない、とても素晴らしいシステムに見えます。

 還元率が90%だとしても業者は一日程度「貸す」だけで1割儲け。年利にしたら大変な高率です。
 商品を用意したり発送したり通信費など経費は少しかかりますが、店舗も要らず誰とも顔を合わせず商売できます。ネット申し込みだけなら声さえ聞かれません。
 金を貸すのには金融業登録など手続きや規制がありますが、商品売買の形を取ることで通信販売業と言い張れます。商品の価格や還元率など(同業者の競争を除けば)好き放題です。

 業者には有利に出来た仕組みですが、利用者には問題があります。

 業者にとって高利なら利用者にとっても高利。実は物凄い金利で借りているのと同値です。

 また利用者からカード会社への支払いは後日であり、購入した商品を代金を支払う前に換金目的に転売してしまう形になります。これはカード会社の利用規約違反です

 これが発覚すると利用者はカード会社との契約解除、代金は即刻返済を迫られます。月賦で払う予定が即座に一括払いを迫られるので、元々困窮している人が益々窮地に立たされる事態に陥ります。これは怖い話です。

 この業態の問題はすでに数年前から首記のリンクの様に問題が提起されていました。

 昨年4月30日には国税当局が「所得隠し解明のための国税当局の税務調査」として業者を摘発、そして同年10月19日に1業者を刑事告発していました。

 しかし、「金融業」「貸金」としての実態になかなか踏み込めないで居ました。

 今回都内に数多くの現金化業者を抱える警視庁がこれを「実態は貸金」として踏み込んで摘発したことを、末期ぃは高く評価します。

 多分「商品」の価値を不当に高く設定したあたりを突っ込んで、「貸金」という実態認定に持ち込むのではないかと思われます。

 それにしてもこの業態を無視して来た政治には責任はないのか?早く法改正してすっきり違法化すべきだったと思います。

 もう一つ問題は、カード利用者にはあんなに審査したり、ブラックリストを共有したり嫌がらせばかりするカード業者が、こういう怪しげな業態の業者とは平気で取引して来たことです。
 この歪んだ利用法の実態を知らないはずはありません。カード会社の怠慢がここまで問題を大きくしたといえないでしょうか?
 マスコミはもっとカード会社を叩き、政治・行政も真面目に困窮者に向き合うべきです。

 手軽に借りられるからとお金を浪費する消費者、金を貸さない金融機関も含めて対策を考えないと、第二第三の現金化問題が現れます。
 元々の不況、震災、急激な円高と困窮者にますます厳しい時世ですから、今すぐ効果ある策を出さないとならないはずですが、昨年からの政争を見ていると絶望的ですね…
タグ:現金化
posted by 末期ぃ at 23:27 | 北京 🌁 | 雑記 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]※公開はしません

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック