2011年03月15日

義援金詐欺にご注意

 スパムメール自体が震災以来激減しています。それでも毎日届くスパムというものがあって許せないのですが、今は措きます。
 いまツイッター上、メール、SNS等をいろんな情報が飛び交っています。しかも段々とデマ混入率が増している気がします。チェーンメール等にならないよう、出元の確かでない情報は【知り合いや有名人からの転送であっても】無闇に流さず止める勇気も必要です。

 こう言う事態に更に乗っかって詐欺師が現れるというのも、悲しいかな世の常です。Yahoo!ニュースが呼びかけていますので、注意喚起のため取り上げます。

Yahoo!ニュース(産経新聞) 3月14日(月)18時40分配信記事引用
ヤフーかたり義援金振り込め詐欺か 東日本大震災

 日本最大の検索サイト「ヤフー」の関係者を勝手に名乗り、東日本大震災への義援金を振り込むよう勧誘する電話やメールがあることが14日、分かった。ヤフー広報は「こちらから寄付を働きかけることはしていない。気をつけてほしい」と注意を呼びかけている。

 ヤフー広報によると、「Yahoo!基金」「Yahoo!インターネット募金」「Yahoo!カスタマーサービス」など、ヤフー関係者を名乗って、東日本大震災の義援金を指定する銀行口座に振り込むよう求める勧誘が電話やメールなどの方法でなされているという。

 働きかけを受けた人からの問い合わせで判明、13日夜にボランティア向けサイト「ヤフー・ボランティア」に注意文を掲載した。同社広報は「被害の有無は把握していない」としている。

 ヤフーはヤフー・ボランティアのサイトで、パソコン用壁紙の購入やポイントサービスでの寄付を受け付けているが、電話やメールなどでの働きかけはしていないという。
 (赤字は末期ぃによる)

 被災地の惨状を耳目を傾け、心を痛めながら、直接何も出来ないでいる人は多いと思います。
 その隠れた善意に渡りに船と悪党が付け込んでくるのです。
 こんな詐欺師は即刻捕まえて裁判なんか後回しにして今すぐ被災地で強制労働させろ!
 …無法なことを言っているのは判ります。こうでも言わないと非常時をチャンスと動く詐欺師への怒りが収まらないのです。

 なおツイッターでは時々「東京電力の社員を名乗る男女が家に訪ねてくる」などというツイート(【拡散希望】などとつけて)をいろんなバリエーションで見かけます。ありそうな話ですが「気味悪い」というだけで怪しい話です。

 いま非常時です。こういったノイズがTL(タイムライン)を押し下げて本当に必要な情報を埋もれさせてしまいますから、こういったものは流さないようにしましょう。
posted by 末期ぃ at 01:11 | 福島 ☁ | 対策と注意点 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]※公開はしません

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック