2011年03月13日

【注意喚起】不安を煽るチェーンメールにご注意

 今回の東日本大震災により、被災、生活に不便を強いられていらっしゃる方は幾千万人でしょうか、まことに胸が痛いことです。
 この「非常時」は被災地だけでなく全国的に長く続きます。気持ちを合わせて耐えましょう!

 さて昨日18時前、枝野官房長官が記者会見で福島第一原発の状況報告に併せ、「国民の皆様にお願い」と呼びかけておられた中に「チェーンメール」が出回っていることに言及されました。

 私自身はこのメールを受けていませんが、その会見の直前千葉県浦安市のツイッターで存在を知りました。

 先ほどけんじさんから、厚生労働省が昨日注意喚起をしているとの情報を得ましたので転載します。

厚生労働省を装ったメールへの注意喚起について
コスモ石油千葉精油所における火災関連


以下のメールが不特定多数の方に送信されておりますが、厚生労働省からのメールではありませんのでご留意願います。


【転載】 題名: 厚生労働省より 

本文:お近くの方に周知、転送の上お伝え頂くようにお願い致します。千葉県及び近隣県へ在住の方。コスモ石油の爆発により有害物質が雲などに付着し、雨や等と一緒に降るので万一に備え、外出の際は傘かカッパ等を持ち歩き、身体が雨に接触しないようにしてください。

 これはチェーンメールの一例と思われます。
 これについて千葉県石油コンビナート等防災本部も注意喚起をして『メール等で流されている事実はない』と否定されています。
 (厚生労働省は噂の内容の否定でなく、「厚労省は関係ありません」しか言っていないのはいやらしいですね)

 人の不安から憶測を生み、それに尾鰭や修飾が付いてもっともらしく伝わっていく流言蜚語は昔からあるものです。

 通信手段が口コミから電話、メールに変わっても伝えて手が人間である以上、心理のいたずらは付いて回ります。
 もらった情報が知人からだったりすると、信用しがちですし、親切心からすぐ広めてしまいます。
 こういった非常時ですので、情報をより慎重に扱って誤報を広めないようにお願いします。
 できるだけ確かな機関に問い合わせましょう。

 いま一番私が心配しているのは、ツイッターを使った拡散です。
 一昨日からブログなどは不安定だったりしていますが、ツイッターは非常に小回り良く働いています。

 この中に【拡散希望】などと情報を求める、または呼びかける内容のツイートが見られます。しかし、どうも内容が怪しいものが含まれています。
 どういうものが怪しいか、とは言い切れませんが知人、有名人から回ってきたあるいはリツイートされた情報だからといって安易に信用なさらないで下さい。また古い情報をリツイートすると結果的に誤情報になってしまうこともあります。

 なお、リツイートは「公式リツイート」(ツイッターの「リツイートボタン」をクリックして行うやり方)を用いてください。そうすると元のツイートが間違いで取り消されたり、探し人が見つかったりして不要になって削除されると、公式リツイートも全て削除され、無駄な情報がTL(タイムライン)に残らないそうです。

 では、皆様節電他協力して、難事を乗り越えましょう。

(追記)
MSN産経でも別の事例含め取り上げていますね。
posted by 末期ぃ at 18:05 | 宮城 ☁ | 対策と注意点 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]※公開はしません

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック