2011年01月01日

正月恒例年賀状スパムが来た

 明けましておめでとうございます。
 昨年はブログの内容が尻すぼみですみませんでした。少しは持ち直せるかなあ…

 さて昨年末危惧したように今年も偽装年賀状は配達されて参りました。本物のハガキより早く届くことになるとは…
送信者: "佐藤" (haong67-et@ybb.ne.jp)
件名 : 新年のご挨拶です。御覧ください
日時 : 2011年1月1日 9:46

〜謹賀新年〜

旧年中は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

皆様のご健勝とご多幸をお祈りするとともに、
本年もより一層のご支援ご指導の程、宜しくお願い申し上げます。

新年は1月1日から平常営業とさせて頂きます。

HP:ttp://www.kio69.com/card/pxtu=A2126

平成23年 元旦 

 普通の企業・商店の広告と一字一句変わりませんな。それはいいけどこのスパマー一字一句意味判って書いてるのかいな?

 このスパムの誘導先はこんなページです。(クリックすると別ウィンドウが開きます)
新年グリーティング2011画像
 ページのタイトルは『★新年グリーティングカードが届きました』となっており、なんだかモジモジしたウサギの絵が配されています。小用でも我慢しているのか?

 『この年賀状にお礼のメッセージを出すことができます』と言ってフォームが置いてあるのですが、嘘でもいいから「誰からの」年賀状かを設定しないと返信しようとするカモは釣れないんじゃない? 
 だいいちニックネームはともかく性別・年齢なんて項目は要らないでしょう。

 このフォームから「返信」すると例によって出会えない系サイト「ピープル」(plepeo.net)に登録され、嫌な新年を送ることになります。


 といった、本年第一発のエントリでした。

 本年も当ブログ「金井優子さんからの手紙」をよろしくお見守りください。
 読者の皆様に幸多き年でありますように。というよりこういうスパムに引っかからずに過ごせる平穏無事が一番です。


(2011年1月2日追記)
 「誰か」を設定しろと言ったら、その通りのスパムが来ましたよ。
送信者: "事務局から" (pigchen23@mail.goo.ne.jp)
件名 : 結構暇しています
日時 : 2011年1月2日 14:01

はじめまして。

OLをしています、34歳の史絵と申します。
結婚はしていましたが、昨年離婚しました。
現在は一人暮らしをしています。

離婚してから誰かと付きあおうとかは思わなく
なりましたが、身体は欲しがっているようです。

写真とかもあるのでまずはお返事ください。
お正月は暇しているのですぐに返事します。

今回はお正月という事で年賀状も一緒に送ります。
ぜひお返事くださいね。

▼年賀状と返信
ttp://www.kio69.com/card/pxtu=A2126

史絵
 誘導先ページと本当の登録先は前日の通りでした。

>写真とかもあるので
 ↑問、「とか」は何を指すのか400字以内で末期ぃの納得のいくように述べよ。

 複数の並列する事象を列挙するためにある言葉を単独の事象に使うことに、私は強い違和感を覚えます。
 この文では「とか」は付ける必要がありません。いい年して文法が理解できていませんね、この無能スパマーは。

 しかも1通目を送って丸一日以上、誰からのメッセージが届いているのか設定もできず、誘導先サイトに到っては訂正する気もありません。
 スパマーも広告の送り手の端くれなら、最低限の仕事はしろ!
 私は最近、スパムが迷惑なことよりこのことの方が腹が立ちます。
posted by 末期ぃ at 11:24 | 鳥取 | おバカ系 | Comment(2) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
平穏無事で過ごしたい今年・・

ツッコミ
「平常営業」
それを言うなら「通常営業」。
「平常」は鉄道ダイヤで「平常どおり運行〜」じゃなかったですかな?

午前九時過ぎに受信したから丁度「元旦」セーフですね。
こいつら元旦の意味も分かってない可能性あり。
Posted by けんじ at 2011年01月01日 14:26
通常と平常は区別があるのかなあ…

テレビでも「元旦の朝」なんて言うくらいなんで、元日と元旦の区別が付かないひとは多い気がします。

けんじさんとは長いお付き合いになりました。
今年もよろしくお願いします。
Posted by 末期ぃ at 2011年01月01日 17:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]※公開はしません

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック