2010年10月17日

また騙られたUPS

 突然半月以上更新を止めてしまいました。お金にはならないむしろ持ち出しでやらないとならない作業(仕事とは言わない)が来月第一週をリミットにありまして、またもう一つ持っているブログも目を離せない事情がありまして…
 結局サボった言い訳で申し訳ありません。

 飛来してくる大量のスパムも骨の無い奴等ばかりだったのですが、久々危なそうな奴が飛んできましたのでお伝えします。
(1)
送信者: "Your UPS Service" (information@ups.com)
件名 : UPS Online Service. Error delivery address number 5981
日時 : 2010年10月16日 23:46

Good afternoon.

Your parcel has arrived at the post office on October 11. Our Driver was unable to deliver the parcel to your address.
To receive a parcel you must go to the nearest UPS office and show your mailing label.
Mailing label is attached to this letter.

You need to print mailing label, and show it in UPS office to receive the parcel.

Thank you.
UPS International Services.

 発信地はロシア・ウドムロト共和国・イジェフスク

(2)
送信者: "UPS Online Service" (manager@ups.com)
件名 : UPS Online Service. Error delivery address number 4381
日時 : 2010年10月16日 23:56

Dear client

Your parcel has arrived at the post office on October 6. Our Driver was unable to deliver the parcel to your address.
To receive a parcel you must go to the nearest UPS office and show your mailing label.
Mailing label is attached to this letter.

You need to print mailing label, and show it in UPS office to receive the parcel.

Thank you.
UPS Customer Services.

 "manager@"っていうメアドも間抜けな気がします。
 このスパムの発信地もロシアのスタブロポリです。

 文面はUPSのオフィスに11日(または6日)に着いた私宛の荷物があり、ドライバーが私の住所を探せなかった。荷物を受け取るには添付の"mailing label"を印刷して最寄のUPSオフィスまで行けとのことです。

 (1)のスパムには"dinh.jpg"という名の、(2)には"diffie.jpg"という名のそれぞれ25.7KBのファイルが添付されています。

 このファイル、画像かと思うとそうではなく、ブラウザや画像エディタでは開けません。
 無理やりこのファイルの拡張子を".zip"や".lzh"に書き換えて、解凍すると(皆様はわざわざ真似しないで下さいね)"Label_UPS_Nr342.exe"という41472バイトの実行ファイルが出てきます。
 どう考えても怪しいのでこれ以上は実行しませんでしたが、マルウェアが仕込まれている危険性が大きいです。

 皆様このようなメールが届いたら即座に削除してください。

 以前お伝えしたこのスパムこのスパムでは添付ファイルが.zipファイルで、今回は画像ファイルに見せかけている分巧妙化しています。
 まあ、わざわざ怪しいファイルの拡張子を書き換えるまではしないと思うのですが、親切な解凍ソフトだと実行してしまうかも。
 ご注意下さい!

 次の更新はいつになるやら…
posted by 末期ぃ at 01:20 | 岐阜 ☁ | 対策と注意点 | Comment(6) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
もしあなたは待っていたが、すべての结末はあなたは老いる。
Posted by Cheap Coach Bags at 2011年01月10日 17:05
このコメントスパム、書いた本人も忘れているエントリを掘り起こしてくれるのはありがたいのですが、何が言いたいのか(訳する前の文面さえ)想像もつかないところが素敵です。
Posted by 末期ぃ at 2011年01月12日 21:33
私なりに、想像してみました。
運を待つことは死を待つことに等しい(似ている)とか、相場格言みたいなの。
待ちぼうけ〜、待ちぼうけ〜という歌みたいなの。
あるいは、少年老いやすく何とかかんとか、みたいなの。
世界共通な格言みたいなのでは?
単純に、「待ち、くたびれる」という意味だったりして。
Posted by tiny at 2011年01月24日 12:46
解釈ありがとうございます。
最初にあるコメントスパムは中文(簡字体)で書きこまれたと思われます。
ちなみに文字化けしている「&#32467」は「結」の簡字体だったようです。

何か元の文があって、ヘタな翻訳エンジンに放り込んだアウトプットだと思われます。
無理に解釈すると、待っているだけではただ老いてしまう、でしょうかね?
Posted by 末期ぃ at 2011年01月24日 17:34
あ!なーるほど…!だからか……。

いつも興味深く読ませていただいております。昨年からです。
ブログ記事、ツッコミの鋭さに感心しております。

私自身はPC使った仕事なのに、Net興味なく『メルアド教えて』には携帯のアドレス、PCの場合は会社の(しかも自分が使っているのではない共有パソコン)アドレスてな生活だったので、迷惑メールの迷惑さを知らずな日々です。
私個人のPCアドレスなんて重要なものは親兄弟しか知りません。正解でした。

最近会社に来るのは、英文の偽薬・偽男性器拡張剤・偽時計・偽ソフトウエアだけです。社内PC初期は送金詐欺ナイジェリアンレター来たけど。当時の私は、『妄想狂がメアド間違えて送ってきたんか?』と思い込んでました。世事に疎かったの。

ところで、カテゴリは違いますが『ガチアド!系』摘発のニュースは、私以上にNet興味皆無な友人でさえTVのニュースで『ビックリした』出来事だったようです。
『あんなレベルの低い手紙で騙されるヤツがいるのか!?男ってバカだから…なあ…』(男性のコメント)
しかも、あの業者の売り上げの高さといったら!
私の勤務先のバブル期の売り上げと同じです!(中小企業です)
あの売り上げはどこに吸い上げられたのかしら?
それにしても数打ちゃ当たるで送りまくって、結構当たったのね。あのレベルの手紙で!ゆとり教育の弊害なのかしら?

これからも、啓蒙啓発記事よろしくお願いします。
だって、摘発されたのは一業者で、他にも悪徳業者はいるわけで、騙されていることに気付かず金をふんだくられている被害者がたくさんいるはずですよね。想像だけど。

カテゴリにそぐわないコメントになりました。すみません。
Posted by tiny at 2011年02月05日 23:04
tinyさん、再びのコメントありがとうございます。

当ブログを良くお読みいただいたようで、大変嬉しいコメントです。

現代は多量な情報が流れて形態はどんどん変化してます。
流れに置いていかれないよう、特に企業などは苦労していることでしょう。
有益な情報を見逃さないことも大事ですが、有害な情報を掴まないこと、流してならない情報を決して流さないこと、この管理能力が企業レベルでも個人レベルでも死活問題に近くなっています。

インターネットによって世界とこれほど即時容易に繋がるようになってまだ15年程度。まだまだ我々はその相手の大きさを直感できていません。
騙されたとき、個人情報が流れたときの危険はこれからもどんどん広がっていくことでしょう。
フィルタリング等の仕組みがこれからも考案され実用化されますが、まずは私たち個人が自分や家族を守る第一関門です。
このブログはその小さな一助になれれば幸いです。

なーんてカッコいいこと言っても、ここ半年は読んで楽しい(?)おバカなスパムが減ったこともありエントリを余り書いていません。
スパムメールを待っているだけでは啓発になら無いのでニュース記事なども取り上げて行かねば、と思っています。
Posted by 末期ぃ at 2011年02月06日 12:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]※公開はしません

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック