2010年06月15日

跡地に咲く徒花

 (これはスパムメールに基づくエントリではありません)
 皆さんはブラウザの「お気に入り」にたくさん登録してありませんか?昔の仕事関係から趣味のページ、ニュース天気予報…外国の半導体メーカーなんか改廃が激しくてなりません。
 時々パトロールしてリンク切れになったページを削除したりしますが、なぜか取ってあった「東京都貸金業協会」のURL(www.tokinkyo.or.jp)を見てみたら…
現在の"tokinkyo.or.jp"↓
都金協跡画像
 なんとキャッシングサイトリンク集になってます。
 そんなのありかっ!!

 3つのサイトが紹介されており、いずれも"a8.net"ドメインを経由してリダイレクトされる先は…
○No.1は「ノーローン」(株式会社シンキ:関東財務局長(9)第01188号、日本貸金業協会会員第002762号)電車内でも公告を見かけます。

○No.2は「ニッセイ」(nissei.cc/pc:株式会社スカイオフィス、福岡県知事(2)第08437号、日本貸金業協会会員第001567号)

○No.3は「阪神金融センター(キャレント)」(www.ca-rent.jp:兵庫県阪神南県民局長(5)第20564号、日本貸金業協会会員第000661号)

 このページ自体の運営者は「株式会社セブンウェブ」とのこと。バリュードメインのサーバーを利用しています。

 「キャレント」については福岡県に福岡県知事(2)第08168号登録の業者があったものの昨年末に廃業。
 一方現在の阪神南県民局長登録は元々「阪神金融センター」名の業者だったものに今年2月キャレントの名称を追加したもの(フリーダイヤルとHP登録も)とのこと。
 (以上福岡県商工部中小企業経営金融課貸金業係、及び阪神南県民局商工労政課ご担当者談)

 福岡の「キャレント」は日本貸金業協会未登録で、紹介屋だったという噂が高いようです。


 (社)東京都貸金業協会は、2007年12月19日貸金業法施行により全国貸金業協会連合会が日本貸金業協会に法人格が変わった事に伴い解散しており、"www.tokinkyo.or.jp"は空になっていましたが、解散数年でドメインを営利業者に乗っ取られるとは脇が甘い!

 今だネット上に「東京都貸金業協会」として当該URLを示すページがあり(例えばweblioのこの項目)、公益法人推薦の貸金との誤解を招きそうです
 お気をつけ下さい。
posted by 末期ぃ at 14:01 | 秋田 ☁ | 雑記 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]※公開はしません

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック