2010年05月29日

また女社長・友田彩

 もう寝ようと思ったけど2つ前の「株式会社セカンドライン」のエントリ投入時刻が00時00分00秒と揃って、気分を良くした末期ぃです。これなら明日のダービーも♪
 スパムと関係ない枕を書いたところで、「またか」と思う個人偽装スパムをご紹介します。
送信者: "友田彩" (1976ayaya_t_gold@ezweb.ne.jp)
件名 : 10万で部屋に来ませんか?
日時 : 2010年5月28日 18:16

セフレ募集されているそうですね?
しかも、お金も希望だとか。
金額は幾らぐらい必要でしょうか?
一回10万までなら出せますけど。

私は友田彩、
34歳で会社経営をしている者です。

自己紹介の為に、
写真なんかも必要かと思い、
以下のサイトに登録してみました。

ttp://saipoiu.com/uradelivery/
友田彩で検索すると出てきますので。
10万で大丈夫でしたら、
ぜひセフレになって欲しいです。

 お金を持て余した女社長が逆援助も持ちかけて来るメールは前夜もご紹介しましたが、世の中の経営者がそんなにお金を無駄にする人ばかりじゃ無いでしょ!

>10万で大丈夫でしたら
 先週あるファミレスで注文を取りに来た女性従業員さんが「お魚は○○で大丈夫でしょうか?」「ご注文の品は以上で大丈夫でしょうか?」とやたら大丈夫?を連発するのでちょっと不安になって、あと1回言ったら「ここの食材は大丈夫じゃないものがあるの?」と聞いてやろうと思いました。

 他のお店でも耳障りだけど食べ物屋で「大丈夫」って言うな!
 また関係ないツッコミしましたが、このスパムの誘導先は「デリバリーボーイズ」というページです。(クリックすると別ウィンドウが開きます)

 このページのタイトルにしても「レンタルホスト」だの「レンタルホスト」だのもっと昔は「デルボーイ」だの下らない名称の小手先を変えただけ。

 スパマーの発想はホント貧困になりましたね。

 ここの本当の登録先は、最近新作スパムだけは幾つも出してくる「ラブポイズン」(p-lovers.net/pc)です。
posted by 末期ぃ at 01:10 | 沖縄 ☔ | 喜劇・女社長シリーズ | Comment(2) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
このメールの書き出し文章や文章の展開も何度も見覚えがありますねぇ。

例えて言えば原本をコピーしたのはよいが、そのコピーした奴でまたコピー・・を繰り返したから原本の細部が分からなくなって大雑把になった・・・ってなものでしょうかね?

上海万博(最近はニュースにもならない)の岡本真夜の曲をパクった事件でもそうでしたが、そのまま引用じゃなくて、自分なりにアレンジを加える能力がないのかね、スパマーさんは?
アレンジを加えることでそのネタがまた生き生きすることもあるんですが・・・
Posted by けんじ at 2010年05月29日 21:33
いろいろネタが考えられて、どれだか判りませんが、
「青山加奈子」一味スパムの登場人物にはこういうの多かったですね。10話を越える個人偽装スパムは結局あれが最後です。
Posted by 末期ぃ at 2010年05月29日 23:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]※公開はしません

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック