2010年05月07日

USPS(アメリカ合衆国郵便公社)を騙るスパム

 今月ずっとご無沙汰してしまい申し訳ありません。連休ずっと上天気でつい毎日出かけてしまったのと、あっちこっち(海外含む)と連絡取って一日終わってしまう有様で…
 先月23日にエントリした「Amazon.comを騙るスパム」には今まで1000回以上のアクセスがあり未だ高水準で推移しています。このブログを見つけて安心した、と書かれたブログもあり大変嬉しいことです。
 一昨日あたりから「UPS(国際貨物航空会社)を騙るスパム」にアクセスが出てきました。ここには一昨年9月11日エントリして以来、数カ月おきにアクセスが増えることがあり、今年3月初めにも小さいブームがありました。
 またこいつが流通しているのかと思っていたところ、こんなスパムが飛来しました。
送信者: (Linda Moseley Linda _Moseley@usps.com)
件名 : Your Package N4184581
日時 : 2010年5月7日 0:04

Good morning,
Unfortunately, we could not deliver postal package sent 27 April,
As the recipient’s address does not exist.
Please, print out the bill of lading that is in the attached document, and collect your parcel in our office at the address indicated in the bill of lading.
Best regards,
Linda Moseley

 "Your Package N4184581"でUPSスパムがピンと来たのですが、まず文面は『残念なことに、受取人のアドレスしないため我々は4月27日に送られた郵便小包を届けることができませんでした。
 どうぞ、付属のドキュメントの中にある積荷証券を印刷してください、そして、積荷証券で示されるアドレスで我々のオフィスであなたの小包を回収してください。
リンダモーズリー』とのことで、これもUPSスパムと同様です。

 タイトルに「USPSを騙る」と書いてしまいましたが送信アドレスに読み取れるだけで、送信者名にも本文にも"USPS"を謳って居ない所は杜撰。
 だって、どんな運輸サービス会社から来たメールか判らないじゃない。

 タイトルの通りUSPSとはアメリカ合衆国郵便公社で日本でいきなりこの会社から荷物を出す状況は考えにくいですが、それでも気にはなる方があるかも知れません。

 このスパムには"Package_294002.zip"という27.1KBの添付ファイルが付いています。これを展開すると"Package_N___AAPROOFCIS.exe"という28KBの実行ファイルが現れますが、とても恐ろしいので解凍・実行はしませんでした。

 いまのところ公式サイトにアナウンスは無いようですが、過去類似の例ではトロイの木馬等のマルウェアが現れたようです。
 同じまたは類似のメールが来ても開かず削除しましょう!
posted by 末期ぃ at 00:54 | 上海 | 対策と注意点 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]※公開はしません

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック