2009年10月28日

坂本龍一氏が推進する「エロハス」?

 皆様「ロハス」という言葉をご存知でしょうか、などと聞くのが時代遅れかもしれませんが、とにかく私はこのスパムを読むまで目にしたことはあっても意味を知りませんでした。否、知らなくても済んでいました。口にする人も回りに居ないし。
 で、ツッコミを入れるためにとりあえず調べてみたら、これがなかなかややこしいことに…
※注:PRの前後の< >は原文では半角です。
送信者: "エロハスSNS" (elohas_infomation_center@qoaken.info)
件名 : 佳奈です(・o・)ノ さんから招待状が届いています。
日時 : 2009年10月26日 22:22

佳奈です(・o・)ノ さんが
あなたをエロハスSNSへ招待しています。

下記URLよりエロハスSNSにご参加いただけます。

(招待状)
申込み後、本人と連絡を取ることができます。

◆佳奈です(・o・)ノ さんからのメッセージ――――――――――――――

メアドが掲示板に載せてあったので、メルしてみましたぁ★

スローセックスできる相手を探してます。。

エコなセックスライフを佳奈と楽しみませんか?∩^ω^∩

お返事待ってます☆


今すぐ連絡!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ttp://real-sefure.com/elohas/

―<PR>―――――――――――――――――――――――――――――――
エロハスSNSではロハスに関心が高い富裕層の女性が多数ご参加しております。
スローセックスで女性の欲求を満し、お小遣いGETのチャンス!!

メンバーになると新着メッセージ、招待待ちの女の子と連絡が取れるようになります。
ttp://real-sefure.com/elohas/
――――――――――――――――――――――――――――――――――
「エロハスSNS」
ttp://real-sefure.com/elohas/
■株式会社イロハスクラブ
サポート受付: 平日 9:00〜18:30(土日祝日も受付中)
――――――――――――――――――――――――――――――――――

 スパムの構成は例によってSNS招待状を象っています。

 このスパムのキーワードは「ロハス」ないし「エロハス」です。

Wikipediaの「ロハス」の項は、
LOHAS(ロハス、ローハス)とはLifestyles Of Health And Sustainability (健康と持続可能性の(若しくはこれを重視する)ライフスタイル)の略。健康や環境問題に関心の高い人々のライフスタイルを営利活動に結びつけるために生み出されたビジネス用語である。
 と書き起こしています。
 私が「ロハスな生活しませんか?」などというコピーから受けた直感が当たらずとも遠からずだったようです。

 wikipediaを少し読むと『1998年アメリカの社会学者が環境や健康への意識が高い人々の存在を確認したことを元に、学者と起業家が協力して開発したマーケティングコンセプトが“LOHAS"である』とのこと。
 『2002年、日本経済新聞がLOHASを取り上げた。』ともあり、技術者だった私には経済人が乗り出してくるのはどうも純粋でない気がしてなりません。

 さて、先にスパムの誘導先をお見せしておきます。(クリックすると別ウィンドウが開きます)
エロハス画像
 文面どおり「エロハスSNS」というサイトで、やはりSNS偽装サイトの様相です。

 「エロハス」とは容易に想像できる通り「エロ」+「ロハス」の造語とのこと。

 このSNSモドキの本当の登録先は、出会えない系サイト「直アドゴーゴー」(ado55.com/pc)でした。

 さて私はこのインチキサイトの概説に非常に興味を持ちましたので書き出してみます。
エロハスSNSとは? −エロから始めるエコライフ!−
かの坂本龍一氏はこう言いました。

「生命は個体維持のための"食"、種の保存のための"生殖" の2つの活動によって維持されています。昨今のエコ意識、環境意識の高まりから"食"はいろんなメディアで取り上げられているのに、"性"に関しては、エコ意識の観点から述べられることが皆無と言っていい状態です。これではまだ本物とは言えません。LOHASや環境問題にはまだ"いい子ちゃん"のイメージがあり、それが一般に広がらない1つの理由になっている気がします。」

そこで当エロハスSNSプロジェクトはこの思想に賛同し、当サイトを立ち上げました!

エコなエロを追求して行くこと。これが基本的なスローガンです。

このサイトをエロハスな出会いに使うのも良し、メンバー間の情報交換も良し、あなた次第で一緒に成長して行きましょう!もちろん、ご利用料金など無料です!

あなたも地球にやさしいセックスを考えてみませんか?

 坂本龍一氏は有限責任中間法人「ロハスクラブ」の理事を務めていらっしゃるとか。

 おい、まさかYMOの”教授”がそんなことをと思いつつこの文中のフレーズをググってみたら意外にも当たりが
 ヒットしたブログの情報を元に昨日国立国会図書館で、該当する雑誌を閲覧して来ました。そうしたら…本当でした!

 扶桑社発行の週刊誌「SPA!」の2006年2月7日号、24ページから29ページに亘って
 [エロハスな生活]研究という記事が組まれており、やれエコだのスローセックス(代表格はポリネシアンセックス)だのと、環境に良さそうな?お話が続いた最後に、29ページの半分を坂本龍一氏の『「性」は人間の生命の一方の柱。'06年は“エロなロハス”に注目せよ。』と題した文章が載っておりました。

 A4版の紙面の半分もあるので全文文字に起すことは止めますが、文章の要諦は正にサイト中の一節だったのです(私がメモしてみたら同じ箇所を抜き出しました)。

 氏は文を
 僕がLOHASで大事だと思うのは「エゴ」です。安全なものを食べたい、おいしい空気を吸いたい、気持ちのいいセックスをしたい。まず自分がどうしたいか、そしてそのためにはどうしたらいいかを考える。そうすると、すべてが環境とつながっていることがわかる。
 地球はもう、自分自身です。
 と結んでおりました。
 こんなに自分らに格好の記事を拾って来たスパマーには少なからず驚きました。

 坂本氏は確かに「エロハス」という言葉を使っていません。が、こんなチンケなスパマーに利用されてしまうとは、脇が甘すぎです。
 というか、いつの間にこんな胡散臭い人になっていたのか…

 前述の「ロハスクラブ」の代表:小黒一三氏はロハスを掲げる雑誌『ソトコト』編集長であり、同氏が代表のトド・プレス社と三井物産が「ロハス」の商標登録を行いライセンスビジネスを計画していたというし…

 こういう言葉の広められ方はどうも納得できませんし、やはり普及もしていないようですね。
posted by 末期ぃ at 00:19 | ロンドン ☁ | SNS偽装系 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]※公開はしません

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック