2009年10月07日

お殿様募集

 最近いわゆる「歴女」ブームが盛り上がっているようですね。若い女性が戦国時代の武将に萌えるということです。
 昨年あたりテレビで紹介されても「どうせテレビか広告代理店が作ったブームで、すぐ飽きられるだろう。」と思っていました。
 しかし今になっても(大河ドラマも盛り上がっていないのに)「歴女」の噂を聞き、知り合いの20代の女性が携帯RPGにハマったり、「天守閣めぐりをしたいがどこから始めるのがいいか?」と聞いてくるに及んでどうも本物らしいと感じております。
 物見高いスパマーがこのブームを見逃す筈は無く、「歴女」を題材にしたスパムを送ってよこしました。
 まず、ご存知けんじさんから提供いただいた文面をご紹介します。
その1
送信者: (raj417mjqlad1235.adkng@ezweb.ne.jp)
件名 : 歴史好きな方、友達になりませんか?
日時 : 2009年9月27日 15:45

こんにちは。
本多彩佳と申します。
26歳 事務職やってる普通のOL・・・

では、ないんです(´∀`;

私、女なのに戦国時代が大好きな
今話題の歴女なんです!!!

それが昂じて普通とはチョット違う性癖で悩んでます。
そんな相談にも乗ってくれる友達を探してます。

ttp://wakasagiga.com/ayaka_blog/

詳しいことは
このブログに書いてあるので
一度見てください。

 この文面は先月28日に「Tamaki's blog」さんで取り上げられています。

 以前は若い女性と歴史というと新撰組か、せいぜい源平合戦の悲運の若武者程度しか連想できませんでしたし、もっとアカデミックになると考古学専攻や博物館の学芸員志望の方ならば居るんですが。
 思えば『女なのに戦国時代』と言っても何の不思議もないし、何で今までそういう発想が無かったかの方が不思議な気がします。

 さて本日私に届いた文面はこれです。
その2
送信者: "本多彩佳" (ayaka.6.5.ll.history_military.com_method.ninefour.jet@infoseek.jp)
件名 : 和服モエ〜な殿方探しております。
日時 : 2009年10月7日 19:18

本多彩佳と申します。
26歳 歴女です!!!

着物の帯を引っ張って「あぁ〜れぇぇぇ〜〜〜〜〜」
ってやつ、男性だけじゃなく女性の憧れでもあるんですょ

和服でのエッチに興味があるんです!
着付けも出来るので安心して脱がせてください!

ttp://janboka.com/ayaka_blog/

他にも私のやりたいことは
このブログに書いてあるので
興味あったら見てくださいませ。

 あのさ、それ越後屋ごっこでしょ?戦国時代とはちっと違わない?

 もしかすると、その1の文面だと女性が本当に歴女仲間募集していると取られかねませんから、書き換えたのかも。男を誘う言葉は唯一「性癖」ですが、本来は性質の偏りという意味ですので、ちゃんと知ってる人には性的な意味が全くありませんから(環さんのツッコミの受け売り)。

 さて本多彩佳さんが誘う先はいずれもこのサイトです。(クリックすると別ウィンドウが開きます)

 『「歴女」彩佳のお殿様募集サイト』という写真8枚を飾って壁紙にも凝ったページです。

 この方深夜アニメをきっかけに歴史にのめり込んだのはいいが、なぜか戦国妄想変態プレイ女子になってしまったそうです。

 妄想する設定例とは
○「武将に夜這いされる町娘」
→戦国と関係ないような…
○「死を覚悟した合戦前夜の武将と奥方」
→自分の足で走り回って命を晒す戦の前夜に「合戦」して戦えなくてどうする
○「忍び込んだのがバレて陵辱されるくの一」
→城や砦に一人でも忍び込まれてたら一大事。すぐ対策しないとダメでしょ
○「戦場で心を惹かれあう武将と女武将の禁断の恋」
→「女武将」の設定が既にダメ
 …まああくまで妄想ということですけどね。

 本多彩佳さんの誘いに乗って、登録フォームに「応募」してしまうと、毎度お馴染み「和み庵」(na-relief.com/pc)に登録されてしまうという、寸法になっております。
 
>あなたの考える戦国プレイも教えてくれると嬉しいです
 そうだなあ、落ち武者を匿った娘とか、勝ち戦で城に帰ってきた武将が…
(゜_。;)★\(ーー;)バシッ
posted by 末期ぃ at 23:06 | 🌁 | 個人偽装系 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]※公開はしません

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック