2009年05月29日

またまたUPSを騙るスパム

 このところ私には届いていなかった(恐らく今年はゼロ).zipファイルを添付したスパムが今日未明に届いていました。
 注意喚起のため、またエントリを立てておきます(関連エントリはこちらおよびこちら)。
送信者: "United Parcel Service of America" (vgkd@bouandbou.com)
件名 : Postal Tracking #G3KJP89276FW0JV
日時 : 2009年5月29日 1:00

Hello!

We were not able to deliver postal package you sent on the 14th of May in time
because the recipient’s address is not correct.
Please print out the invoice copy attached and collect the package at our office.

Your United Parcel Service of America

 上記2つのエントリで挙げたUPS(国際貨物航空会社)を騙るスパムとほぼ同じもので、『14日に私が送付した荷物がとどかなかったので、荷物を集めるために添付のインボイスコピーを印刷して下さい』と言っています。

 このスパムには"UPSEXL_GEN99012.zip"という36KBほどのファイルが付いています。これを解凍すると(皆様は実行なさらないで下さい)"UPSEXL_GEN99012.exe"という51200バイトの実行ファイルが出てきます。

 これはウィルス等のマルウェアと思われます。このようなメールが来たら、触らずに削除しましょう。

 以前からある注意書きですが、改めて掲げおきます。
 ●UPSを騙ったウィルス・メールについて(UPS 日本)
このたびUPSを騙る偽メールが出回っていることが判明いたしました。内容は、UPSが輸送する貨物がお届けできなかったというもので、メールの受信者には、貨物を受け取るため、運送状情報などが含まれているとする添付ファイルを開くように促すものです。

この添付ファイルにはウィルスが含まれているとみられ、感染の恐れがあります。添付ファイルは絶対に開けずに、eメールをすぐに削除してください。

UPSでは、お客様にお知らせのメールをお送りすることがありますが、添付書類を含むケースはほとんどありません
(以下略)
posted by 末期ぃ at 10:15 | 長野 ☔ | 対策と注意点 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]※公開はしません

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック