2009年04月22日

薀蓄を語り始めたスーパーコピー屋

 昨年秋から偽ブランドスパムが名乗っている「スーパーコピー」。これを宣伝してくるスパムは「アワースタンス」に、「フランチェ」「GRADE」と途切れる日がありません。私も秒殺しています。
 奴らもさすがに飽きられて反応が悪くなったと見たか、ちょっと新しい文面を考えてきました。
送信者: "shops" (SERVERONE@sina.com.cn)
件名 : コピー時計 またまた新作入荷
日時 : 2009年4月22日 9:49


こんにちは!
スーパーコピー販売ショップ・Grade Japanの宮沢です♪

今回から私・宮沢がメールマガジンの編集を任されるようになりました。
以後よろしくお願いいたしますO(≧∇≦)O

ttp://grade-brandshops.net/

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
★ ロレックス、パテック・フィリップなどの新作入荷     2009/04/16
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

いま非常に売れているパテック・フィリップの新作時計が入荷しました!
正規品の価格が200万円もするパテック・フィリップのカラトラバ。
そのゴールドとシルバーが登場です!

知的で落ち着いた雰囲気のカラトラバは、ビジネスにも普段使いにもピッタリ。
どんなシーンでも幅広くお使いいただける時計です。


その他の新商品は、こちらも同じパテック・フィリップのノーチラスシリーズ
が3点入荷ですっ!

……・・・………・・・………・・・………・・・………・・・………・・・

ロレックスやシャネル、フランクミュラーといったメジャーな高級時計ではなく
人とは違った通好みの腕時計が欲しい、という方には「パネライ」が超オススメ!

----------[wikipediaより引用]----------
パネライは、1941年12月18日にイタリア海軍によって行われた
アレクサンドリア港攻撃に使用されて深海の暗黒において高い視認性を発揮し、
作戦に参加し捕虜となったエミリオ・ビアンキは戦後
「この時計がなかったら、作戦そのものが遂行不可能だったであろう」と発言している。

その後エジプト軍などで制式採用された。
---------------------------------------

可視性に優れたストイックなまでに実用重視の腕時計、それがパネライです♪


サンプル画像、ご購入はこちらから!
       ▼
 ttp://grade-brandshops.net/    

 恐れ入ったことに、「スーパーコピー販売ショップ・Grade Japan」なんてものを仕立てて、更には担当者・宮沢さんがメルマガを発行し始めたとのこと。
 要らんことするな!
 O(≧∇≦)O←こんな顔文字使っても駄目なものは駄目!

>知的で落ち着いた雰囲気のカラトラバは、ビジネスにも普段使いにもピッタリ。
 なんかしっくりこない言葉だなあ…「カジュアル」とかじゃ駄目なの?

 今回は価格などの宣伝のほか、wikipediaの「オフィチーネ・パネライ」のページ(イタリア海軍向けダイバーズウォッチの段後半)を引いて来て、その優秀性を説いているのですが、それって本物場合の話でしょ?
 偽物に適用されない話を持ち出すんじゃない!
 「開運!なんでも鑑定団」の「本人評価額は200万円で。自信あります。」→「Open the price!」→クルクル→「ジャキーン!2000円!」みたいなオチの伏線なんでしょうか?
 (テレ東ネタですみません)

 このスパムの誘導先はちょうど半年前の昨年10月22日にお伝えしたこのエントリ後段の「GRADE」です。(クリックすると別ウィンドウが開きます)
GRADEトップトップページ  GRADEメインページ
 正規品の市場価格200万円前後のデイトナ 116509→38,000円、
 ノーチラス5980/1Aの正規品は定価が426万円のところ、なんとプレミア価格がついて市場では500万から700万→38,000円
 …等々宣伝していますが、「写真は実物の写真」かもしれないですが、買ってみたらおそらく38,000円出すに値しないものが送られてくる気がします。
 しかも程度は悪くても、偽ブランド品は「知的財産侵害物品」として税関で摘発・没収されます。
 得するのは、かの国の偽物屋だけという事実をよくお考え下さい。
posted by 末期ぃ at 11:17 | 兵庫 🌁 | 偽物系 | Comment(0) | TrackBack(1)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]※公開はしません

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

偽ブランドが歴史を語りだした
Excerpt: 「最近は各ブランドの工場から本物を製作しているスタッフの指導の下、作られているんだそうです」…もしこれがホントなら各国で協力して捕まえてもらえますか。
Weblog: スパムGメン-はるまき総研・迷惑メール研究室
Tracked: 2009-04-23 23:58