2008年12月01日

【雑記】旅先で知った『取り来る詐欺』

 先月26日の夜は、静岡・寸又峡温泉のホテルに宿泊しておりました。そこのロビーで風呂上り、ふと開いた静岡新聞の社会面に取り来る詐欺の見出しが!
 スパムとは直接関係ないかもしれませんが、気になるニュースだったのでご紹介しておきます。
 …と言ってみたものの、残念ながら静岡新聞さんのWebサイトには当該ニュースが載っておりませんでした。
 そこで探したところ、滋賀県警さんの「県警の広場」にほぼ同様の手口を紹介されておりましたので、謹んで引用いたします。
警察官などを名乗りキャッシュカードなどを騙し取る詐欺に注意!!

警察官や銀行員、銀行協会などを名乗り、「○○という理由でキャッシュカードを預かる必要がある」などという電話があり、その後カードを取りに自宅にやってきた者がカード等を受け取り、騙し取る事件が発生しています。そして、犯人はカードを受け取る際に聞き出した暗証番号とカードを使って現金が引き出しています。
 (以下略)

 事例など引用元の記事を是非ご一読下さい。

 私が静岡新聞紙面で読んだ手口は、
 ○検察の者を名乗る電話が入り、「キャッシュカードが偽造された事件が起きた。危険なので念のため全額引き出して現金で家に置いて欲しい。」と言われる。
 ○後刻、検察から来たと名乗るものが、「証拠品として一時預かる」と現金・キャッシュカードを持ち去る。
 …という手口だったような…

 (この部分新聞紙面を確認しました。文末※印をご覧下さい)

 滋賀県警の事例にありますが、最初の電話ではわざと「振り込め詐欺があったので云々」と言って、これは振り込め詐欺でないと印象付けるとのこと。実際被害者が振り込んでいませんし、エクスパックで郵送したりバイク便に渡すなど既知の方法で送付していません。
 「まさか犯人が自分で取りに来ることはないだろう」との心理の裏を書いて取りに来るため、『取り来る詐欺』というのだそうです。

 この手口で被害者が怖いのは、自分の自宅を知られているという点です。
 新聞で紹介されていた手口では、電話をかける役、現金を取りにいく役の他、被害者宅を見張る役がおり、家の前に怪しい人影を見たとのこと。
 もし途中で気づいても後日犯人に襲われるかも…と逆らわずお金を渡してしまうことも考えられます。



 昨年夏・我が家に詐欺師と見られる男から電話がかかって来ました。
 要件をすぐ言わないのでさっさと切ったら怒って何度もかけ直して来て脅しました。詐欺師は『お前の家、屋根がオレンジ色だろ』と言っていました。
 以前我が家は電話番号を変えずに引っ越して、以前の住所の工事現場にかかっていたシートの色がオレンジ色だったので、『これはGooGleアースか何か見て言ってるな』と解って強気でいましたが、図星だったら怖かったかも。

 静岡ではまだ公開されていませんが、大都市では"Googleストリートビュー"で自宅の画像が晒されている方(そしてその存在すらご存知ない方)も多いと思います。詐欺師がこれを利用しない手はないでしょう。電話越しに我が家の様子を言われても動揺しないで下さい。



 しかし、紅葉狩りの温泉めぐりの途中でも「詐欺」の文字に反応してしまうのは、このブログを続ける者の性でしょうかねえ…

(2008年12月3日追記)
 国会図書館で静岡新聞11月26日朝刊(B版30面)を確認したところ、以下の手口でした。

 18日昼70代の女性宅に「千葉中央署のマツモト」と名乗る男から「あなたの名義で勝手に口座が作られている」と電話があり、約1時間半後「検察庁」だという男がキャッシュカード2枚を調べてみると言って預かった上、「別の通帳のお金を現金化した方がいい」と伝えた。

 女性が定期預金一千万円を解約して現金を保管していたところ、22日になって別の「検察庁補佐官」と称する男が訪問して、「お金はこちらで保管しておく」と話し、女性は現金を渡した。

 25日になって女性が千葉中央署に問い合わせて、騙されたと分かった。

 なお、最初の電話で指示された「銀行協会」の連絡先にキャッシュカードの暗証番号などを伝えたものの、口座の現金は無事だったとのこと。
 被害に遭われた方は大変お気の毒です。
 詳しいやり取りは分かりませんが、キャッシュカードの口座だけでなく、別の口座のありかを聞いて大金が入る方にターゲットを絞ったものでしょう。かなり巧妙化していますね。
posted by 末期ぃ at 22:15 | 宮崎 ☁ | 雑記 | Comment(4) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
気にせずどんどん断崖しましょう、私は、主にセキュティに関するスパムで注意を促します。ANTIVIRUS2008感染した場合の対処方には、300アクセス有り最後の4まで続きましたが、4は、修復不可能な場合を取り上げました。これはANTIVIRUS2008だけでなく他のvirusuにも感染した場合ですが。20代の記録には事務局に携帯で電話をして家にこられるなら来いと言ってやりました。
Posted by ブースカ at 2008年12月02日 00:24
件の詐欺師にツッコミ返してたら、エキサイトしだして「今仲間をそっちへ向かわせた」「どうやって来るの?」「うっせー殺す!」「ほー、どうやって??」「馬鹿野郎」…
二の句も考えてないイタイ奴でした。
無論煽るのは考えものですが。
今も時々私が出ると無言で切る電話があります。
Posted by 末期ぃ at 2008年12月02日 02:08
関西弁でしゃべってみては、カンニングの竹山さんの用に。
20代の記録は、でたらめなID(桁数は合わせましたが)を言って不正利用者ですねだって。
Posted by ブースカ at 2008年12月02日 05:25
私が実際旅先や出張先で受けた関西の言葉は柔らかくて、人懐こいんです。東京のテレビ局の放送するガラの悪い言葉を関西弁と思ってはいけません。
詐欺師が付け焼刃の偽関西弁をしゃべってたら、嘲ってやりましょう。
Posted by 末期ぃ at 2008年12月02日 21:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]※公開はしません

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック