2008年09月25日

FIRST BANKを騙るスパム

 昨年7月、新生銀行を騙るフィッシングスパムがありましたが、最近米FIRST BANKを騙る同様のスパムが出回っています。
送信者: "FIRST BANK" (adminsupport@update.fbol.com)
件名 : Auto-Generated Customer Notification 20
日時 : 2008年9月24日 19:57

FIRST
BANK

   As a Firstbanks customer, your privacy and security always come first. We have been dedicated to customer safety and protection, and our mission remains as strong as ever.
   We inform you that your Firstbanks Internet banking account is about to expire. It is strongly recommended to update it immediately. Update form is located
here.
   However, failure to confirm your records may result in account suspension.
   This is an automated message. Please, do not reply.


Sincerely, Firstbanks administration










                  ¿ 2008 First Banks, Inc. All rights reserved. Member FDIC. Equal Housing Lender.
                                    FIRST BANK is a registered trademark of First Banks, Inc.

 これはテキスト表示したものですが、HTML表示はこのようになります。
FIRST BANKスパム
 テキスト表示ではリンクはありませんが、HTML表示の場合青いhereの文字がフィッシングサイトへのリンクになっています。
FIRST BANKフィッシングサイト偽サイト  FIRST BANK本物本物
 左がフィッシングサイト、右は本物のFIRST BANKのICMページを示します。

 本物のFIRST BANKのドメインは"efirstbank.com"であり、左の偽サイトのURLを見るとhttp://efirstbank.com.〜とあって騙されそうになりますが、実は文字列が長々続いて本当はs016.suというドメインなのでした。

 このようなサイトで気をつけていただきたいのは、ページがSSLに対応しているかで、
 ●URLの先頭が"https"で始まっているか、
 ●ブラウザの左下に錠前のマークが出ているか、

 を確認してください。

 なお、別のスパムで誘導URLが"http://www2.firstbank.com〜"で始まっているものもありました。

 日本の人でFIRST BANKに口座を持っている方は少ないと思いますが、今後も別の銀行を騙ってスパムがやって来るおそれはあります
 お気をつけください。
posted by 末期ぃ at 19:51 | 和歌山 ☁ | 外国のスパムいろいろ | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]※公開はしません

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック