2008年09月11日

UPS(国際貨物航空会社)を騙るスパム

 ここでいうUPSとは無停電電源装置ではなくて、国際貨物航空会社のUPSです。
 主に仕事でUPSの他、FedExやDHLの宅配便をご利用の方も多いと存じます。昔から荷物の追跡サービスなどが充実していますが、このUPSからの顧客への案内を称するスパムがやってきました。
送信者: "UPS" (ufootyaa@bradygroup.com.au)
件名 : Problems with delivery
日時 : 2008年9月11日 3:28

Unfortunately we were not able to deliver postal package you sent on September the 1st in time
because the recipient’s address is not correct.
Please print out the invoice copy attached and collect the package at our office

Thank you for your attention!
Your United Postal Service
ttp://www.ups.com

 最後のURLはアメリカのUPS社のサイトにリンクされています。

 文面は『受取人の住所が間違っていて、貴方が9月1日に送った郵便小包を届けることができませんでしたから、弊社に荷物を集めるため添付のインボイスコピーを印刷して下さい。』とのことです。

 このメールには50KBほどのups_invoice.zipというファイルが添付されていました。

 おや大変、早速印刷を、と添付ファイルを開く…のはちょっと待ってこれをお読み下さい。
 UPSを騙ったウィルス・メールについて(UPS 日本)
このたびUPSを騙る偽メールが出回っていることが判明いたしました。内容は、UPSが輸送する貨物がお届けできなかったというもので、メールの受信者には、貨物を受け取るため、運送状情報などが含まれているとする添付ファイルを開くように促すものです。

この添付ファイルにはウィルスが含まれているとみられ、感染の恐れがあります。添付ファイルは絶対に開けずに、eメールをすぐに削除してください。

UPSでは、お客様にお知らせのメールをお送りすることがありますが、添付書類を含むケースはほとんどありません。
(以下略)

 ということで添付ファイルを開くとウィルスに感染する可能性が非常に高いです。

 もしこのようなメールが届いて信憑性を確かめたい場合、上記ページからリンクされている、UPS カスタマーサービスに確認できるそうです。

 そういえば最近zipファイルが添付されたスパムをチラホラ見かけるようになって来ました。古典的なウィルスメールですので、送信者に覚えのないメールは即刻削除しましょう。

 なお、この様な情報があります。
 波及する宅配便会社からの通知ねつ造スパムメール、今度はFedExを詐称
 (トレンドマイクロ セキュリティブログ)

 どうもUPSを騙るスパムはこの7月に流行していて、8月にはFedExを騙るものも現れていたようです。

(2008年10月21日10時20分追記)
 本日下記スパム件名による検索アクセスが多いので追記します。
送信者: "UPS" (ncolbo@bluefrogsolutions.com)
件名 : Problems with delivery UPS
日時 : 2008年10月21日 4:32

Unfortunately we were not able to deliver postal package you sent on October the 19th in time
because the recipient’s address is not correct.
Please print out the invoice copy attached and collect the package at our office.
If you do not receive package in ten days you will have to pay 6$ per day.

Thank you for your attention!
Your United Postal Service
ttp://www.ups.com

 私の場合、このスパムに添付されていたファイルはウィルスバスターが削除しました。文面から考えると9月11日付けのものと同じ効果を狙ったものだったと思われます。
 どうぞご注意下さい。
タグ:UPS
posted by 末期ぃ at 10:08 | ☔ | 対策と注意点 | Comment(2) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
暮れに送った小包が受取人の住所を間違えているので、添付してあるインボイスのコピーをプリントして云々のメールが送られてきた。
送った日にちが正確だったが、届いたことを確認しているので、正体を突き止めようとして、このページを見つけた。やはり、の感だが、どうして、我がメールアドレスが分かったのか、知りたいところだ。
Posted by 田所 誠三 at 2010年01月29日 11:22
初めまして。当ブログの編者末期ぃと申します。

そちらに偽UPSからのメールが届いたのはたまたまだったと思います。私が業務でなく個人でUPSを利用した事はないですが、今までこのスパムを何通も受け取っていますから。
メールアドレス漏れは、どこかに登録したものが横流しされたものと考えます。無料だからう割引があるから、と簡単に人に渡さない管理が大事だと思います。
Posted by 末期ぃ at 2010年01月30日 18:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]※公開はしません

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック