2010年09月19日

【ニュースフォロー】年金型生保の二重課税、還付手続き10月にも開始

 7月6日にお伝えした、「年金二重課税訴訟判決」に伴い今月になって実務が動き出したというニュースが出て参りましたので、お伝えしておきます。

 <訴訟の概略> ある主婦が死亡した夫の生保の死亡保険金を一般的な一時払いでなく、(この場合一部)年金の形で受け取る契約(年金特約付き生命保険)にして実際受け取ったら相続税だけでなく、年金分を雑所得と看做して所得税を取られたとのこと。
 これを「おかしい」と疑問に思った主婦と一税理士が異議申し立て→行政訴訟そして最高裁まで争って勝ち、僅か25,600円が還ってくることになったものです。
 この、「二重課税」の根拠は1968年の国税庁が出した通達というもので、それが40年以上税務の常識となっていたそうです。
【記事の続きはこちらへ】
posted by 末期ぃ at 02:47 | 佐賀 ☀ | 雑記 | Comment(0) | TrackBack(0)